<< 愛媛には小さな国がありました | main | 私はまた愛媛を訪問したいと思いました >>

食べ物を愛媛で探していました

愛媛は終わった

それから1メートル先の金色のネズミが出てきて、食べ物を探していました。

愛媛が「あなたはどんな種類のネズミですか」と尋ねると

「私はこの足塚の墓を守るネズミの王です。」

「同じ国に住んでいるなら、一緒に戦おう。

久万高原のみるくプリン(愛媛)

私が勝てば、私は国を育てて、モツヅカの素晴らしい祭りをするつもりです。 「

「安静にしなさい。夜が明けたらすぐに攻撃を始めなさい」

明け方にドラムを打つ

愛媛は旗を振って総攻撃を始めた。

敵は驚いた、そして彼がジャンプしてゾウや馬に槍を置こうとしたとき、彼は彼の腹に食べられて手綱を切った。

弦、矢、ヒールストラップ、刀ストラップなどは下着ストラップまで切り落とされました。

これはもはや軍隊ではありません。

100万人の大規模な軍隊が逃亡しました。

| - | 14:49 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--